税務調査に強い税理士を厳選

こんなお悩みはありませんか?

・税務調査を顧問税理士に依頼したが頼りない
・今まで税理士に依頼してこなかった(自分で申告していた)
・税務調査の対応を顧問税理士に断られた
・国税局の税務調査(査察部・資料調査課)だから不安
・税務調査のセカンドオピニオンをお願いしたい
・無申告だから不安

こんな悩みを放置すると大変危険です!


税務調査に強くない税理士が対応するリスク

税務調査に強くない税理士が税務調査に対応するリスクは沢山ありますが、実際によくあるのが

税務調査の困った

「税務署や国税局の言いなりになってどっちの味方かわからなかった」
「交渉する気が無さそうだった」
「顧問税理士なのに対応してくれなかった」


という方が非常に沢山いらっしゃいます。

そして、もし言いなりになったり、交渉をせずに正当な主張をしなければ損失は計り知れません。
また、驚くことに顧問税理士に依頼したのに、”対応出来ない”と断られるケースもあります。
これは、顧問の税理士が自らのミスを指摘される可能性があるため同席を避けたいというケースが多いようです。


税務調査を自分で対応するリスク

税務調査を自分で対応するリスク

税務調査を行う税務署や国税局は税務調査のプロであり、血眼になってあらゆることを聞き出そうとしてきます。その百戦錬磨の調査官と一般の人が折衝するのは当然ですが危険が伴います。
認めて貰うべきところをうまく主張できなかったりすると、過大な税負担を避けられなくなる可能性すらあるのです。
調査官は税のプロですから税法の知識は一般の人と比べればかなりの開きがあります。
そして、実際に行われている調査が違法なのか合法なのかが一般の方には分からずいいなりになってしまうケースも非常に多いようです。


無申告の場合のリスク

無申告の場合は、税務調査前でも税務調査後でもすぐにご相談ください。

領収書などが無い場合は、経費などを推測して計算したり、業界の平均的な経費率などで計算されてしまうため、実際に経費の支出があったのに認められなくなってしまう場合があります。

税務のミカタでは無申告でも怒らず親身に対応してくれる税理士の紹介も可能です。
秘密は守りますのでまずは気軽にご相談ください。


頼りない税理士のまま税務調査が終結するリスク

税理士の対応がおかしいと思ったらすぐにお問い合わせください。
主張をしてくれない、言いなりになってる、どっちの味方かわからない、税理士のミスが発覚した、という状況は非常に危険です。税理士は税務調査の途中でも変更できますので、依頼する・しないは別としてまずは気軽にご相談ください。

税務のミカタが解決します!

税務のミカタの税務調査に強い税理士

税務のミカタが紹介する税務調査に強い税理士は次のような特徴があります。

税務調査に強い税理士のポイント

・依頼者の為に税務署や国税局と向き合って積極的に交渉する
・税務調査の経験が豊富で税務当局のやり方を熟知している
・調査前に事前準備をしてくれる


税務のミカタが紹介する税理士の一例

  • 税務署や国税局での調査する側の経験がある税理士
  • 税務調査対応の経験が豊富な税理士


という経験面での実績や

  • 怒らない
  • 親身に話を聞く
  • 今後の相談にも向き合ってくれる


という相談しやすい税理士のみを紹介しています。


相談は無料!緊急案件も対応!

相談は無料!緊急案件も対応!

税理士の紹介には一切費用はかかりません。(税理士の方から広告費用で運営しています)
そのため、費用のことは気にせずまずは気軽にご相談ください。
既に税務署や国税局が会社や自宅に訪問してきているなどの緊急の案件もできる限り対応いたします。

keyboard_arrow_up

0120857893 税理士をお探しの方専用フォーム 税務のミカタのLINE友だち追加〈公式〉